ディーラー下取りを依頼するか、買取専門業者に車買取を依頼するか。


新しく車を買い換える時に、今まで持っていた車をディーラーさんに下取りしてもらうか、車買取専門業者に依頼して買取をしてもらうかは悩むところですよね。価格からいえば、常に、どちらかが高い、というわけではなく、売りたい車やその時の市場によっても変わってくるのだそうです。

例えば、ディーラーさんのほうで新車買い替えキャンペーンなどが実施されているときには下取り価格が高めに設定されていることもあります。同メーカー内での車の買い替えであれば、部品の交換などのコストが比較的低くなるので、その分が下取り価格に転嫁されることもあります。

車買取業者に依頼する場合には、もともと、ディーラーの下取り価格より低ければ、手間の問題からもディーラーに下取りを依頼する人ばかりになってしまい、車買取業者として存続できなくなってしまうので、人気の高い車種などは下取り価格よりも高めに出してくることが多いようです。また、特定の車種やタイプに流通や販売網の強みを持っている場合には、合致した車種等は高めの値段を付けてくれることもあるのだとか。

車買取でも下取りでも、価格は日々変わっていくものだそうですから、色々な会社に見積もりを依頼してみて、納得できるところに買取をお願いするのが良いでしょう。